内容と能力

家事代行の仕事の内容は、一般的な家事が中心です。そこで一般的には主婦など、家事の経験があればより楽にできる仕事となります。とはいっても、やはり他人の家の中のことを行うため、いろいろな約束事などもあり、それらをしっかり学べる、事前研修が用意されている業者を選ぶようにしたいものです。料理を作ったり、掃除や洗濯などの一般的な家事が好きな人や主婦にはとてもピッタリの仕事と言えます。

アルバイト特に個人の自宅のお掃除などが多く、基本的には週に3回程度でもOKです。また働ける時間帯に働くこともできるので、子どもが学校に行っている時間にアルバイトすることなども可能となります。また家事代行業務の求人をしている業者を選択することも大切です。特にさまざまな保証や保険などがしっかりしている業者事前研修やトライアルなどが用意している業者を選ぶようにしましょう。主婦の場合、家事には自信があっても接客などはまた別なことです。その辺のこともきちんと教えてもらえる制度があるところこそ、安心して働ける業者と言えるのではないでしょうか。

またアルバイトの場合は登録制の業者の方が、働けるときに働くという自由が利きます。また掃除は得意だけど料理はちょっと……という人は掃除だけの仕事を選ぶなど、自分にあった働き方ができるというメリットもあるのです。基本的には一般的な家事ができればOKです。相手先は一人暮らしの老人や一人暮らしの男性、共働きの家庭などが多くなります。

 

求められる人材

家事代行の求人を見て、自分もやってみたいと思った人もいるのではないでしょうか。特に家事のプロでもある主婦にとってはとても向いている仕事とも言えます。家事代行では、一般的な家事能力が持っていることが要求されます。しかし実際にはそれだけでなく他の部分でも求められるところがあります。それは思いやりのある人材であること、笑顔が多く明るい人材であること、前向きで積極的な人材であることの3つです。

家事代行やはり家事代行の場合、お客さまの家庭に行って仕事をします。お客さまの気持が考えられる思いやりのある人材は、お客さまからのウケもよく、またオーダーが入りやすいということがあります。身近で仕事をしていると、思いやりなどの気持ちは伝わるものなのです。またやはり家に来た家事代行の人が暗い人は誰でも歓迎できません。おしゃべりは厳禁ですが、笑顔や雰囲気の明るい人は、お客さまも納得して家事を任せることができるはずです。そしてまたやってもらいたいという気持になることでしょう。

また前向きで積極的な人は、ちょっと何かを頼んでも気持よくやってくれるので、お客さまもとても有り難く感じます。しかし積極性がなく前向きでない人は、少しでも働きたくないというイメージに見えてしまい、お客さまとしても良い印象を持たないことが多くなるようです。このように家事代行は家事の能力だけではないのです。家事代行は家事のお仕事でありながら人間対人間というところがあります。


家事代行で働く

家事が好きな人は、家事代行で働くこともおすすめです。やはり働くなら好きなことの方がストレスも少なく、楽しく働くことができます。そこで家事代行の研修制度について考えてみましょう。家事代行の求人はたくさんありますが、やはり求人している業者を選択することも大切です。仕事の内容としては主に料理、洗濯、掃除の家事が中心となります。また登録制やシフト制が多く、スポット的なお仕事が入る場合もあり、有効時間を活用することができるので主婦でも簡単にできる仕事の一つです。

研修制度技術的には特に必要なものはありませんが、最低限の家事ができるということが必要となります。そのため主婦などにとってはとてもやりやすい仕事の一つです。またしっかりとした家事代行業者は、家事の経験がある人もない人も、すべてプロとしての技術を身に付けるために、研修制度が準備されているところもあります。研修制度がないところは、家事代行を頼む側から考えても不安な部分があります。

家事代行業者の多くは客からの評価制度があり、それによって仕事が少なくなくなることもあります。研修制度がない業者は、評価制度で能力の低い人をどんどん落としていくという傾向があり、働く側にとっては不安定な部分も多いとも言えます。特に初めて家事代行で働く人にとっては、研修制度のあるところを選びたいものです。逆に今まで家事代行の経験者にとっては、研修がなくても特に問題ないかも知れません。